・SAGE ・RIO PRODUCTS ・REDINGTON ・NAUTILUS REELS 日本総代理店
         
装備の手入れ
 
全てのセージ製品の寿命を延ばすために、以下の「手入れの方法」と「メンテナンスの助言」をお読み下さい。
 
ロッド

〇ラインをガイドに通す時は、作業を慎重に行って下さい。まず、ライン先端をループ状に丸くし、このループをガイドに通していきます。最後にトップガイドからラインを抜き出し、次にリーダーを抜き出します。この一連の作業の間は常に、ロッドはあまり曲げずに、できる限りまっすぐな状態に保って作業をするのが理想です。

〇金属や岩など、研磨性の強い物の上にロッドを置いたり、立てかけたりしないで下さい。グラファイト素材が小さな切り傷や引っかき傷に見舞われ、それが引き金となってロッドが破損する可能性が高くなります。金属製のケースに保管する場合、まず布袋に入れてからケースに収めるのが得策です。

〇大型のフライとオモリやアイなどを取付けたフライをキャストする場合、フライがロッドティップやシャフトを強打しないように、幅の広いループでのキャストをお勧めします。つまり、フライといえどもグラファイト素材に損傷を与えることがあるために、幅の広いループでの慎重なキャストを心がけて下さい。

〇魚とのファイティングとランディングの最中に、ロッドの先端部を鋭角状に深く彎曲させると、ロッドは思いのほか簡単に破損します。ロッド全体の彎曲を利用した、巧みなロッド操作をお勧めします。

〇フライが根掛かりや枝掛かりした場合、ロッドを曲げて掛かりを外すことは厳禁です。フライが掛かってしまったら、フライが掛かった方向にロッドの先端を向けてラインを手で引けば、ラインとロッドは同じ直線で維持されます。その状態で更にラインを手で引き続ければ、フライやリーダーを失ったとしても、ロッドは折れずにすみます。

〇フェルールには定期的にワックスを塗って下さい。専用のワックスが入手できない場合、代わりにパラフィン、ローソクで代用できます。フェルールのオス側にワックスを塗布すると、ロッドの結合が確実に行えるだけでなく、適正なアクションを楽しめます。

〇ロッドは十分に乾燥させてから布袋に入れ、ケースに収納して保管して下さい。濡れたまま収納すると、ロッドケースは湿気を閉じ込めたまま排出しないために、木製のリールシートが水分を吸って膨れ上がり、ロッドの塗装面も蒸れて剥離するなど、様々な弊害が発生します。

〇ロッドを布袋に収納する場合、極めて細く繊細に作られた先端部を保護するために、ロッドティップは上向きに入れ、その先端部を更に保護する意味で、バッド部は下向きに入れるのが適切な方法です。先端と後端は上、と覚えて下さい。

〇時折で十分ですが、風呂の温度と同じ位のお湯と石鹸で、ロッド本体を洗って下さい。洗った後は水分をよく拭き取り、十分に乾燥させてから布袋とケースに収納して下さい。

〇ブランクの光沢を蘇らせるためには、家具用の光沢剤を布地にしみ込ませて拭いて下さい。


リール

〇使用していないリールのドラグ圧力はゼロに設定し、ネオプレーンのケースに収め、高温の場所を避けて保管して下さい。

〇スプールと本体を別々に冷たい真水で洗浄し、砂や泥を完全に洗い流すことが重要です。スプールと本体は別々に乾燥させて下さい。完全に乾燥してからスプールを装着し、ネオプレーンのケースに入れて保管して下さい。

〇海水で使用したリールは、細心の注意を払いながら、丁寧に洗浄して下さい。適切に洗浄し、かつ十分に乾燥させなかった場合、時間が立つに連れて硬化していく粘着性の残留物によって、本体、スプールの表面が劣化することがあるため、必要かつ十分な洗浄を心がけて下さい。