・SAGE ・RIO PRODUCTS ・REDINGTON ・NAUTILUS REELS 日本総代理店
         
Technologies - テクノロジー
TECHNOLOGIES
各種技術
 

ConnectCore

 / コネクトコア
ラインの先端で何が起こっているかを知るために感覚に頼るなら、ラインの伸縮は敵です。RIOのコネクトコアラインは、超低伸縮素材のコアの採用によって、アングラーの知覚と感度に変革をもたらします。空中のラインの様子が手に取るように感知できるために、キャストのタイミングが的確に把握でき、それゆえ効果的なロングキャストとメンディングを可能にします。更に、感知しにくいアタリを確実に捉え、素早いフックセットを約束します。コネクトコア仕様のラインは、空気中と水中で瞬時に成功をもたらす秘密兵器です。
より詳しくは、ビデオをご覧下さい。

DirectCore

/ ダイレクトコア
高温で湿気の多いトロピカルの釣場で、ラインの巻き癖が素早く取れて、しかも適度の硬さを残していれば、常に正確で素早いキャストが可能です。ダイレクトコアのラインは、水面に真っ直ぐに、かつ高く浮くために、アタリを鮮明に捕えます。コアは、なんとモノフィラメント。同一サイズなら、強度が25%も高く、伸縮率は30%も低いという特殊なモノフィラメントです。フラットで、マングローブの岸辺で、ダイレクトコアのラインは、究極の釣りを提案します。
  

MaxFloar Tip

/ マックスフロート・ティップ
実際のところ、フローティングライン先端の細いテーパー部分のコーティングをいくら削ぎ落しても、ラインティップが水面に高く浮く充分な浮力を得ることはできません。RIOのマックスフロート製法は、この長年の課題を解決しています。RIOが特許を有するラインティップの製法は、ラインを太く設計することなく、どのようなラインよりも約2倍の高さでティップ先端を水面に高く浮かし続けます。ドラグの解消、より遠くへのキャスト、静かなピックアップなど、フローティングラインに求められる高性能を、リオのマックスフロートティップ製法が確約します。
より詳しくは、http://vimeo.com/41374132をご覧下さい。
 

MaxCast

/ マックスキャスト
RIOが製造特許を保有する製法によって製造されるマックスキャスト仕様のラインは、水面に高く浮き、より遠くのポイントを攻略し、高い耐久性能を発揮すると同時に、汚れにくい特性を備えています。その目覚ましい効果は?進化したRIOのコーティング技術、マックスキャストが生みだすラインの疎水性能によって、ライン表皮がまったく水の浸透を寄せ付けず、結果としてさらに高い高浮力を獲得し、ラインへの汚れの付着を大幅に削減することにつながっているのです。これらの性能は結果的に、ライン表皮と水面との抵抗を削減するために、長いラインを楽にピックアップする特性を高めています。同時に、マックスキャストのコーティング技術は、ライン表皮を滑らかに仕上げる溶剤を使用し、ライン内部でその溶剤を循環させて滑らかさを長く保持させるために、ロングキャストと耐久性能において、今までにない高性能ラインを誕生させました。

ビデオ 

Agent X

/ エージェントX
単一の素材で被覆されたフライラインは、ライン本来の機能と、耐久性能および表面の滑りのよさを両立させることが困難でした。そこでRIOはエージェントXの製法によってラインの被覆を二重にすることで、この問題を克服し、新時代のフライラインを誕生させました。エージェントXのコアを覆う内側のコーティングは、高い浮力を生む高分子微粒子を主体にして製造されています。外側のコーティングは滑らかな表面をもち、また耐久性に優れた特性を発揮します。高浮力と優れたキャスト性能および耐久性能は、エージェントXの代名詞です。
Extreme Slickness / イクストリーム・スリックネス
フライラインの表皮を滑らかに仕上げるこの製造方法は、従来のライン製造で使用される溶剤を再検討する過程で発見されました。従来の固定概念では塩化ビニール系(PVC)の素材が最良と判断されていたのですが、アングラーで構成されていると言ってもよいRIOの化学者達は、もっと滑らかな表皮のラインが欲しいと思い、結果として酢酸系の重合体ポリマーに目を付けました。まるで料理をするように溶剤の配合を試し、ついに今までのPVCシリコン溶剤の限界を超えたライン表皮を作るレシピを手に入れたのです。耐久性に富み、かつ滑らかな表皮を維持し、汚れすら寄せつけないこのイクストリーム・スリックネス仕様のラインは、超高機能、超高性能を発揮してアングラーの要求に応えます。

Extreme Slickness

/ エクストリームスリックネス
驚異的に滑らかなライン表皮を製造する技術。勿論、より遠くへ、より正確に、より軽快にロングキャストを達成するための製造技術です。

Multi Density Control

/ マルチデンシティーコントロール
フライラインの全長に渡って、異なった比重のコーティングを使う技術です。この製法によってアングラーは、フライをスイングする深度をコントロールすることができると同時に、魚のアタリをダイレクトに感知できます。比重の異なる素材の連結によってラインバランスは崩れることがなく、実にスムースなキャストが楽しめます。ループの美しさに感動して下さい。
  

FEATURES
各種ライン機能

 

Surefire

/ シュアファイアー
3色にラインを塗り分けるRIO独自の工夫です。カラーが塗り分けられた部分を目安にすると、正確なキャストを演出することができる便利なシステムです。
 

Duratone

  / デュラトーン
彩度の極端に異なるカラーで塗り分けられた部分を目安にすれば、的確なストリッピング、キャストのための正確なピックアップ、フォルスキャスト時の空中でのラインの長さなどを瞬時に確認でききます。正確なファイナルキャストを約束するアイデアです。
 

Density Compensation

/ 比重補正
細くなっていくシンキングライン先端部により比重の高い素材を使用することで、ラインが真っすぐに水中へ沈下していくアイデアです。ラインが直線で沈むほどアタリは明確に伝わり、フックセットが素早く行えます。
 


Front & Back Welded Loop

/ ライン前後端溶接ループ
ラインとリーダー、ないしはバッキングラインの交換を素早く確実に行うために、RIOのラインの多くのモデルには、ライン先端と後端に溶接ループを装備しています。
 

Hang Maker

 / ハングマーカー
アングラーが素早く確認できる高視認性の短いマークないしは突起で、シンキングライン末端についています。そろそろリトリーブも終点に達しますよ、とこのマークが目と指先に教えてくれます。思いの外、有益なマークです。
 

Easy ID Loop

/ アイディーループ
シューティングヘッドの溶接ループ部には、ヘッドのサイズとタイプが一目で分かる目印が付いています。
 

Easy ID Tag

/ アイディータグ
そのラインが一体誰なのかを一目で確認できるマークが、ライン上に印刷されています。
 

Loading Point

/ ローディングポイント
ラインが最も効果的にロッドに負荷をかける、その位置を示す目印です。ロングキャスターには不可欠のアイデア。